みまもりGPS BoTの使い勝手 体験談

みまもりGPS BoTの使い勝手 体験談

小学生の子どもが習い事に行くようになり、送迎バスの乗り場と習い事の場所まで無事着いたか確認するために、GPSを買いました。

みまもりGPS BoTを買った

Kids携帯などと悩んだ末に買ったのは、みまもりGPS BoTです。

次のような理由で、みまもりGPS BoTにしました。

  • 何年縛りとかがない
  • 料金が安い
  • 位置情報利用の回数制限がない
  • どのスマホからも確認できる
  • スマホではないため、学校に持込できる

料金

  • 端末4,800円(税別)
  • 月額480円(税別)

デメリット

一度解約すると、端末の再利用が出来ず、端末の買い直しからになってしまいます。

ときどき位置情報の更新が出来ないことがあります。

上の理由から、価格帯的にはおススメですが、今の段階では「手放しでおススメ」はできません。

特に、位置情報が更新されない時があることが大きなデメリットです。

見守りのために位置情報が知りたいのに、位置情報が更新されないなんて最悪です。

具体的にどんな状況だったかを下に書きましたが、我が家の使用状態で、1時間以上も更新されないことがありました。

よくある質問に対する、利用者としての感想

Q. 【GPS BoT】現在地の更新頻度はどのくらい?
GPS BoTは、みまもり向けモバイル端末として、業界最高の1分〜2分に一回の高頻度で、現在地を特定し、送信します。現在地が特定できない場合、さらに1分〜2分後に更新します。GPS BoTは、少しの揺れも検知されない場合、移動がないとして、現在地のサーチをお休みし、バッテリーを長持ちさせます。バッテリ優先モードとして、約3分間隔で位置を特定するモードございます。次回アプリアップデートよりご提供予定です。

1分〜2分に一回の高頻度について

私の使用環境では、1分で更新されたことはありません。

最短の更新モード(頻度優先モード)でも、最短で2〜3分間隔での更新でした。更新間隔がもっと長いときもあります。

「少しの揺れも検知されない場合、現在地のサーチを休む」について

子どもが持ち歩いている上に、送迎バスの乗り降りもあるため「少しの揺れも検知されない場合」に該当しないと思うのですが、現在地のサーチを休むことがありました。

実際の状況

我が家の場合、子どもが学校から習い事に通うその日に位置情報の更新が途切れました。

更新されなかった時間は80分とも90分ともなりました。

(この時間の間に私が子どもを迎えに行っているため、子どもの安否は確認できています。)

習い事が終わった子どもが、迎えに行った私にカバンを手渡しし、さらに車まで歩いていくという、どう考えても揺れがある状況でしたが、車に乗るその時まで位置情報の更新が途絶えていました。

また、一度休止状態になった端末に対し、アプリ側から強制的に起動させることはできないみたいです。一応、アプリ上で位置情報を更新させる方法はありますが、本体が休憩してしまうとどうにもならないみたいです。

下は、自宅にある状態で試してみた画像です。

自宅周辺のMAPが載っているため黒塗りばかりですが、見ていただきたいのは時刻です。

スマホの時刻(11:51)に対して、BoTの位置情報の時刻は3時間ほど前の7:32です。

下にスライドさせて、アプリを更新させてみますが

位置情報は更新されず、7:32のままです。

様子見して少し放置したので、スマホだけ時刻が進んで11:53になっています。

結論

端末が休憩しても、アプリから起動させるなどして、現在の位置情報を得ることができるのであれば、間違いなくオススメできるGPSです。

ただ、この一点があるために、たとえ格安でもまだまだ人には勧められないと思いました。

参考

みまもり GPS BoT